カテゴリ:育児( 131 )


2006年 02月 13日

再診

今日はタクの再診のため、病院へ行ってきました。
今朝、病院に行くことをタクに告げると、タクが「何に乗っていく?」と言うので、
「電車とバスに乗っていくよ~」と言うと、なんと怒りながら「救急車乗ってく!!」だって。
勘弁してくださいな~。ママはもう二度とゴメンです。。。(苦笑)
縫ったところの抜糸をてっきり今日するのかと思っていたら、傷口の様子を見るだけでした。
大きな病院なので待ち時間がとにかく長くて。。。
その間何度もタクに「ちっち!トイレ!」と言われ、大変でした(^^;
傷口の様子はきれいだそうで、先生いわく、「うん、いい感じだね」とのことで、
今週木曜日に抜糸だそうです。
歯のほうはまだマウスピースをつけたまましばらく様子を見るそう。
担当の先生はとても子供に慣れている感じで、扱いがとても上手。
診察台に座らせていきなり口を開けさせるなんてことはせず、
まず膝と膝をつき合わせて、タクとお話をします。内容はたわいもないこと。
「タクくん、今日朝何食べた~?先生はパン3枚も食べてきたんだよ。食べすぎだね~(笑)」とか
「タクくん、今日先生んとこまで何に乗ってきたの?バスかな~?電車かな~?」とか。
でもそうしているうちに最初はモジモジしていたタクがおしゃべりするようになってくるんです。
それが慣れてきたサイン。そうすると先生はようやく「じゃあ先生にちょっとお口あ~んして見せて~」と言います。おかげで今日もスムーズに診察終了。
いい先生にあたって良かったです。
帰るときにはタクは自分から先生に「ありがとっ♪またね~、バイバ~イ!」と挨拶してました。
受付に戻って会計を済ませたら、診察代がたったの140円(笑)
ハッキリ言ってここまでの電車代・バス代(往復)のほうがその7~8倍もかかってます(--;
でも次回はどうやらパパに車で連れて行ってもらえそうです。
写真で見ると分かるかと思いますが、日に日に傷口が目立たなくなってきています。
そして食事も今日はさらにいろんなものを食べれるようになりました。
ケガをした日からまだ4日しか経っていないのに、驚きの回復力です。
c0059558_0414398.jpg

[PR]

by sara_humminglife | 2006-02-13 21:27 | 育児
2006年 02月 12日

皆さんお見舞いメッセージありがとう

↓の皆さんのコメントにレスをしようと思ったのですが、
タクの今の状態も含めて、申し訳ないのですが、こちらでまとめてレスさせていただきますねm(_ _)m

まず皆さん、あたたかいお見舞いメッセージどうもありがとうございます。
皆さんのメッセージを読んで、涙があふれてきました。
どんなに救われた気持ちになったか。。。

おかげさまでタクはだいぶ元気になりました。
正直、私の落ち込みのほうがひどかったくらい(苦笑)
木曜日にケガをしたタク。その日は当然のことながら治療のあとはなにも口にできず
麻酔が切れた後はとても痛がっていましたが、お医者さんが言っていた通り、子供の回復力って早いです。金曜日にはストローを使って飲み物を飲めるようになり、前日にはほとんどおしゃべりもできなかったためか、よくおしゃべりもするようになりました。
傷口や歯はまだもちろん痛かったようですが、神経がそこへ集中せず遊びに夢中になれるあたり、子供ってすごいな~と思います。
土曜日にはご飯粒も普通の硬さで食べれるようになり、今日はよっぽど硬いものでなければ普段と変わらない食事ができるまでに回復しました。

自分がどうやってこんなケガをしたかをちゃんと理解はしているようで、
「テーブルでゴチンッした。 いたかったねぇ~。」
「ママと、タクと、救急車のったね~。」
などと、その時のことを冗談ぽく(苦笑)話したりもしています。

明日また病院に行ってきます。
右上前歯についてはどうなるかまだわかりませんが、起きてしまったこと。
どちらの結果になっても受け入れる覚悟がようやくできました。
タクと一緒に治療、頑張って受けてきます!


>むら
ありがとうね。ほんとに、子供が痛い思いをするのを見ているのってすごく辛いね。
どれだけ代わってやりたいと思ったか。でも先生も言ってたとおり、子供の治癒力は驚異的!
私だったらまだきっと食べものなんてまともに食べれないと思う。
回復にむかって頑張っているタクを見ていたら、クヨクヨしていられないわって思うよ。

>ぴの
ありがとう。そうなの、命に関わらなかったことや、ケガをした場所が口元だったことを考えればまだよかったのよね。これが口元ではなく目だったら・・・とか想像しただけでもゾッとしちゃうもの。ずっとずっと子供を見張っているわけにはいかないけど、しばらくはちょっとしたことでもヒヤヒヤしてしまうかも。しかたないね、しばらくは。

>じゅん
僅かな自分の時間にコメントしてくれてありがとうね。
そうだね、今回のことでタクも少しは気をつけるようになるだろうし、
私もいろいろと考えさせられたよ。
ありさちゃんのように、幼稚園に行くようになったら親の目が届かない時間が増えるわけだし、
自分で危険を理解することを身につけて欲しいよね。
お姉さんも大変だったね。けが人が出なかったのは不幸中の幸いだけど、
お姉さんが落ち込んでしまう気持ちとてもよくわかるわ。
私も今回のことではひどく落ち込んだけど、やっと同じ失敗を繰り返さないようにするためにどうしたらいいかってことを考えられるようになったわ。

>LOVE
ここにもコメント、そしてメールでも何度もお見舞いメッセージほんとにありがとう。
すごく励まされたよ。ケガをした当日はとにかくタクが可哀想で、私は自分を責めてばかりだったんだけど、それだけじゃなんの進歩もないのよね。
タクにももうこんなことにならないようにちゃんと言い聞かせなくちゃ。
もちろん体張ってこんな痛い思いをしたのだから、本人も少しはなにかを学んだと思うけど。
それでもまだ所詮2歳児。親の責任は重大。そのへんをこれからはもっと自覚しなくちゃって改めて思ったわ。

>トロさん
ありがとうねっ。ああいうとき一人っていうのはほんとに心細くてどうしようもないね。
でも、パパがいない→車で行けない→救急車呼ぶしかない→救急なのですぐに診てもらえたってことで、結果的には良かったのかも。
これがもしパパがいて車で近所の歯医者さんとかに行ってたら、たぶんその場ですでに歯は抜かれてただろうしね。
結局は抜くことになるかもしれないけど、ダメもとでも一応固定してみることで、
その間にショックは多少和らぐと思うし、覚悟もできると思うの。
唇のほうは先生の縫い方が上手だったのか、大きく腫れることもほとんどなく、傷口も大分ふさがっている様子。
なによりタクの精神面の回復力にはビックリ。私がクヨクヨしてはいられないっ☆

>かざる
ありがとうね。やっと私も元気を取り戻しつつあります。
タクのほうがよっぽど元気なのよね(^^;
痛いことは痛いはずだけど、先生が言ってたの。子供は痛みがあってもその状況に慣れるのが大人よりもずっと早いんだって。
なので、タクがこんなに元気になってるのに痛い思いをしていない私が落ち込んでばかりもいられないってようやく気づいたところよ☆

>ひでこ
心配してくれてありがとう。
歯はダメになる可能性が高いけど、それでもまだ数年後には永久歯が生えてくるんだからっていう前向きな考え方がやっとできるようになったよ。
タクはそんな私よりずっとずっと元気です♪
c0059558_0524659.jpg

[PR]

by sara_humminglife | 2006-02-12 22:52 | 育児
2006年 02月 10日

大怪我

タクが大怪我をしてしまいました。
それは昨日のお昼前のこと。
トイレでチッチできたことをいつものように喜んでいたタク。
私はその瞬間を見てはいませんでした。たまたま背中をむけていて。
でも音は聞こえました。“ゴンッ!”という鈍い音の直後、「ギャー!」というタクの泣き声。
その泣き声を聞いた瞬間私はタクのほうに振り向きながら、これはただ事ではないとハッキリ感じていました。
タクは背の低いリビングテーブルの脇でうつぶせに倒れていました。
慌てて抱き上げると、口から大量の出血。
見ると上の前歯がかろうじてくっついてはいるものの、奥に向かって曲がっていて、
下唇には深くパックリ割れた傷。
タクを抱きながらもうどうしていいか分からなくて頭が混乱する私。
口の中からの出血がすごいので、血を飲んでしまったら困ると思い、
急いで上体を起こしてからカーゼタオルで歯をこれ以上動かさないようにしながら
血を吸い取るようにして口元に当てていました。
タクはずっと泣いていて口は開けっ放しだったのでやりにくくはありませんでした。
次に119番。いったいどこへ連れて行ったらいいのか分からない(考えられない)し、
パパがいないので車は無理、自転車でこの状態のタクを病院までなんてそれも無理。
電話で最初何を言ったのか覚えていないくらいそのときの私はかなり動揺していました。
激しく泣き続けるタクを抱きながら電話をしていたので、電話の向こうから、
「聞こえないのでお子さんを電話口から離して下さい!」と言われて少し我に返って、
それからのことは覚えています。
救急車の今の居場所を教えてくれて、そこからすぐに向かうとのことでした。
電話を切った後、切れている下唇からの出血が少しだけおさまってきたので、
とりあえず絆創膏を貼って・・・。もうそんな処置でいいのかどうかなんてわかんなくて、
ただただその場その場で最初に思いつくことしかできませんでした。
そして財布をいつも入れているリュックに保険証を入れて、タオルを何枚か持って、携帯、タクの上着他、思いつく最小限のものだけを準備して救急車を待ちました。
準備が終わったと同時に遠くから救急車のサイレンが聞こえてきました。
この時私は少し落ち着きを取り戻していました。
焦っちゃダメ、焦っちゃダメ、と自分に言い聞かせながら、持ち物の確認をしていたくらいですから。それまで一人であたふたしていたので、サイレンの音を聴いた瞬間にきっと、もうこれで一人じゃないんだというどこか安心感みたいなものを感じていたのだと思います。
その間ひたすら泣き続けていたタクを、「だいじょうぶだよ、ママがいるからね。お医者さんにいこうね。」と励ましていました。
サイレンの音が近づいてきたのでマンションの下に降りたころちょうど救急車が到着。
少しの間救急車の中で隊員さんに怪我の状態などを聞かれた後向かったのは、
タクが突発の時夜間に行った大学病院。
それまで泣き続けていたタクが、救急車のサイレンが鳴り出した瞬間ピタッと泣き止みました。
救急車を見るのが大好きなタク。それに乗っているなんてそのときは気づいていなかったみたいだけど。泣き止んだタクに隊員さんが優しく「痛かったね」などと話しかけてくれました。
隊員さんが病院にタクのことを電話している間、私はタクに話しかけながら携帯でメール。
それは午後からうちに遊びにくる予定の私の母に。
メールには「急な用事が出来ちゃったので今日はゴメン」とうちました。
今ぐらい(お昼前)はちょうど母が祖母の入院している病院に自転車で向かっている途中。
そんな時にタクが怪我してしかも救急車で病院へ向かっているだなんて知らせたら、
母が動揺して事故でも起こしそうだもの。だって、タクが熱を出したっていうだけで心配で夜眠れなくて自分が体壊しちゃうヒトだから。
病院に着くと、入り口にはすごい野次馬。
それをかきわけ隊員さんの後についていきました。口腔外科につれていかれました。
もう一人の隊員さんはその間受付を済ませてくれていました。
救急で行ったので、すぐに診てもらえました。
先生はタクの口を見ながら私にいろいろ怪我の状態を説明し始めました。
まず、下唇は表側と裏側が貫通してしまっている状態。両方縫うことになる。
奥に向かって曲がってしまった上の右前歯はレントゲンを撮ってから判断するけれど、
おそらく元には戻らない。
その左隣の前歯も脱臼はしているが、これは残る可能性が高い。
その上の歯茎も裂傷しているのでこれも縫うことになる。
ため息しか出ませんでした。。。
レントゲンの結果、やはり上の右前歯は残せる可能性が非常に低いとのこと。
歯槽骨骨折といって、歯の根元のさらに先まで折れてぐちゃぐちゃらしい。
でも先生からこんな提案が。
「可能性はかなり低いけど、麻酔をかけて歯を元の位置まで戻して固定してみようと思うんだけど。本当ならすぐに抜くという選択になると思うけど、抜くのは簡単。でももし万が一、固定してみて残せたらラッキーくらいの気持ちでやてみたほうがいいと思う。奇跡は絶対ないわけじゃないでしょ。特に子供が起こす奇跡ってけっこうあるものだし。それでもダメだった時は抜くっていうことでどうかな?」
そりゃ残せればそれに越したことはない。乳歯だから生え変わるとはいえ、永久歯が生えてくるまでの3~4年の間、前歯のない状態になんてできればしたくないもの。
私もそれで納得し、聞くことは聞いて、治療がスタートしました。
昨日の治療は約30分。下唇に麻酔をかけ裏と表を縫い、歯茎に麻酔をかけ前歯の位置を戻し、前歯の付け根の歯茎を縫い、戻した前歯を接着剤で仮に固定。
固定用のマウスピースを作るために型取り。
タクは治療中泣くことはなく、ずっとおとなしくしていました。
見ている私のほうが泣きそうでしたよ・・・。
先生や助手の方も皆さんタクの強さにビックリしていました。
しかも唇縫われながら、先生に「たっくんは何歳かな~?」って聞かれて、指を2本立ててみせてました。親の私が言うのもなんだけどエラすぎ。
治療が終わってマウスピースが出来るまで1時間くらいかかるので、先に会計を済ませることに。
タクは皆に褒められ、麻酔も効いている状態だったので、「いたかったね~。たっくん ちゅかれた(疲れた)。」などと言いながらも上機嫌。
会計が済んだ直後、「チッチ、トイレ行く~~」とタク。
あまりに痛々しい姿を見てつい私は「いいよ~こんな時にまで。オムツにしちゃっていいんだよ。」と思わず言ってしまいました。
でもタクが「いやートイレ行く~」と言い張るので連れて行きました。
いじらしいと言うかなんというか・・・。
マウスピースが出来るまで食べものはダメだけど飲み物は飲ませていいよと言われたので、
病院内のカフェテリアで紙パックのジュースを買ってストローで口の中に垂らしてあげました。
そしてマウスピースをつけてもらうため再び先生のところへ。
このときも、私がマウスピースのことを「あとで先生んとこもう一回行って歯にカッコイイのつけてもらおうね~」なんて何度もごまかしながら説明してたせいか、おとなしくされるがままでした。
その後痛み止めと抗生物質をもらい、家に帰りました。
家に着くと私はすぐにリビングテーブルを片付けました。
テーブルのせいじゃないのはわかってるし、怪我したくらいで・・・と思うかもしれないど、
あの時の光景が蘇ってきてしまって、もうしばらくはどうしても出しておきたくなかったのです。
そしてパパに電話。早退して帰ってきました。母にも電話。すぐに飛んできました。
タクはしばらくすると麻酔が切れてきたようで、「いたい~ いたい~」と時々泣き出しました。
食べたいけど食べようとすると痛い。結局夕飯もなにも食べれませんでした。
薬はスポイトで口に垂らして。それもすごく嫌がったけど。
とにかく口に何も入れたくないようで水分さえあまり取ってなかったのでそれが心配だったけど、
夜中に「ちゃちゃ。。。ちゃちゃのむ」と言って紙パック一本ごくごく飲んでました。
痛み止めが効いてたみたいです。

今回のことで、なんでこんなイイ子がこんな痛い思いしなくちゃいけないの!という思いと、
こんな怪我をさせてしまったことで、すごくブルーになった私。
ゆうべはなかなか寝付けず、タクの寝顔を見ては涙があふれてきました。
こうして昨日のことを思い出しながら記事を書いている今でも泣きそうになります。。。
病院の先生には「お母さん、すぐに救急車を呼ぶなんて正しい判断したね」と褒められたけど、
こんな小さな子に怪我させてしまった時点で全く褒められたことではないよ・・・。
でもタクの強さと早い回復力が唯一の救いです。
今日は離乳食のようなものではあるけれどけっこう食べたし、普通におしゃべりもするし、
機嫌も良く過ごしていました。
上の右前歯は抜くことになる可能性が高いので、また痛い思いをすることになりそうだけど、
なんとか頑張ってはやく痛みがとれるといいな。。。
c0059558_0551394.jpg

[PR]

by sara_humminglife | 2006-02-10 21:55 | 育児
2006年 02月 08日

チッチはトイレで

今日のタク、またまたやってくれました☆
ウ○チはまだ難しいらしくオムツの中でしちゃいましたが、
今日は遠出もしたのにもかかわらず、なんと朝起きてオムツを替えてから夜寝るまでの間チッチでオムツをぬらすことは一度もありませんでしたっ!
チッチはもうだいぶ自分でコントロールできてるみたいです♪
c0059558_23425263.jpg

[PR]

by sara_humminglife | 2006-02-08 23:42 | 育児
2006年 02月 04日

そしてまたまたついに!

連日クッチャ~イ話題&画像ですみません・・・。
今日もタクはやってくれました☆
ついにトイレでウ○チもしたのです!
というか、トイレでウ○チさせようと試みたのは正直今日が初めてなんですけど・・・(苦笑)
一日で成功しちゃったってことよね?それってすごいことじゃない?もしかして(爆)
今日は用事があって船橋までタクも連れて行ってきたのですが、ちっちはランチをしたお店でも2回成功。
帰りに乗り換えの駅でも1回成功。
家に着いて、そういえば今日はまだウ○チをしてないなと思っていました。
しばらくして出しそうな雰囲気(走り回る&一瞬動きがピタッ)があったので、
「たっくん、もしかしてウ○チ出そう?」と聞いたら、明らかに出そうなはずなのに
「でない!でないよ」とごまかそうとするタク。いつもの私ならきっとそこで「そぉ~?」と言って
放っておくに違いないけど、今日は私も頑張りました(?)
「でももし出そうなら、ちっちみたいにトイレでしたほうがミニーちゃんニコニコしてくれるよ。オムツにウ○チしちゃったらミニーちゃん泣いちゃうかもよ~?」(オムツにミニーちゃんの絵があるので)と言ったら、それはミニーちゃんを泣かせるわけにはいかないと思ったのか、
あっさりトイレへ。でも初めてウ○チをしようと思ったって、便座に座ると今までのように地に足が着かない状態でしなくちゃいけないからコツというか、どうやったらいいのかわかんないのは当然。
踏んばる事さえできずに、「ママ でない」とタク。
仕方がないので便座に座ったことは褒めてあげてまたオムツをはかせました。
すると部屋に戻って1分も経たないうちに今度はタクから「ママ!ウ○チ トイレする!」と言ってきたので慌ててトイレへ。
今度は私が「じゃあママと一緒にう~~~ん!ってやってみよっか♪」と提案したら口では「う~~~ん!」とマネはしてましたが、ほんとに踏んばってる感じではなく、やっぱり出ません。
またオムツをはかせて部屋へ。するとまたまたすぐに「ママ!トイレ!」。
これを一時間で7~8回繰り返していました。タクはきっとミニーちゃんを泣かせちゃいけないと思ったのでしょう。オムツを脱ぐたびに「ミニーちゃん、泣いてない?」と聞いてきます。
その時ちょっぴり、ミニーちゃん泣いちゃうかもなんて言ったことを反省しちゃいました(汗)
だってトイレではまだできないのにオムツにもしちゃいけないとタクが思ってガマンしているなら、
もしかしたらこのまま便秘になっちゃうかもしれないじゃないの~。出そうなのは明らかなんだもの。
でもだからといって、ここでオムツにしていいよと言ってしまったらなんの意味もないわと思って、あえて私からは何も言いませんでした。
ところがついに、何度目だろう?10回目くらいかなぁ?便座に座った途端タクが、
「ママ 先にあっち行ってて~」と言うのです。恥ずかしかったのかなぁ?
それじゃあ~と部屋に戻っていたら、数十秒後トイレから「ママ~!ウ○チ ぼっとんってでた!」と言うタクの声が。急いで行ってみるとクサイ!!出てました!!
これにはタクも自らを褒めるように拍手をして喜んでいました☆
そこでまた確認するように、「ミニーちゃん 泣いてない?」とタク。
やっぱり泣かせちゃいけないと思ってたんだ~。
「ミニーちゃんニコニコしてるよ!たっくんおりこうさんって言ってるよ~!」と言ったら
オムツをギューっと抱きしめていました(苦笑)
ここ5日間くらいで半年分くらいの成長を見せてくれたタクにママは脱帽です。
このまま楽しくトイレトレが進むといいなぁ~と思います♪(^^)
c0059558_048364.jpg

[PR]

by sara_humminglife | 2006-02-04 22:56 | 育児
2006年 02月 03日

大進歩!

トイレで初ちっちが成功してから今日で4日目。
3日目の昨日までは、一日一回、それもお風呂前の裸の時かお風呂上り限定でした。
それが今日はいきなり大進歩です!
午前中はいつものようにフツーにオムツにちっちしてましたが、
お昼頃から突然やる気になったのか?自分から「ちっちでる!トイレ行く!」を連発。
そして行けば必ず出るのです。
なんと今日はそのときから夜寝るまで一度もオムツを濡らすことはありませんでした!
しかも10回ちかく行ったトイレのうち一回は買い物に行った先で。
もうこれはつい4日前まで一日中オムツにちっちだったタクにとっては快挙でしょう☆
私がついていけません(^^;ついていけなくて大変です(爆)どう考えてもフツー逆ですよね(^^;;
明日からは頑張りましょう>自分

写真はちっちが出て喜び雄たけびをあげるタク(笑)

c0059558_1303791.jpg

[PR]

by sara_humminglife | 2006-02-03 21:16 | 育児
2006年 01月 31日

ヤッター! 初トイレ☆

ついにやりましたっ!タクがトイレで初ちっちです☆
しかしなんでこう突然なんだか(^^;
先日お風呂でちっちを教えた日以降さっぱり教えなくなってたのですよ。
私もタクがその気にならないとムリにすすめる気はさらさらなかったので、
「タク~、トイレにちっちしに行ってみようか~(^^)」と声をかけるのも2~3日に一回程度。
それも全て「いかな~い」とあっさり断られてたので連れて行ってはいませんでした(苦笑)

今日も先日と同じく突然お風呂で「ママ~、ちっちでる、トイレ行く~」と言い出しました。
私もタクも体はまだ拭いてなかったのでビショビショ。
でもせっかく教えてくれたのだから、この前みたいにまたここでさせちゃうのはな~と思って
「じゃあこのままじゃ風邪ひいちゃうから体だけちょっと拭こうね。まだガマンできる?」と聞くと
「ガマンできる」と言うので軽くタクの体だけ拭き、私はとりあえず拭かずに体にバスタオルを巻いた状態でトイレへ。
私が補助便座をセットしている間、両足を絡ませてモゾモゾしているタク。
おっ、ほんとにガマンできてる??
急いでタクを便座に乗せると次の瞬間
ちょろちょろちょろ~~~~~(リアルですみません・・・)
おぉーーーーー!!出たっ!
「すごーーーーい!タク!トイレでちっちできたねー!えらーい!」と褒めまくりましたとも!
タクもちっちが出た瞬間ニヤーッと笑ってすごく嬉しそうでした☆
記念撮影も済ませ(爆)、体を拭きなおしてパジャマを着せいつものように寝る前のDVDタイム。
DVDを見ているとパパが帰ってきました。
するとタクが、「パパおかえり~。たっくんトイレでちっちできた」と自らパパに報告(^^)
パパも驚いた様子でタクを褒めてました。
そしてしばらくするとタクがまた、「ママ~、ちっちでる、トイレ!」と言うので
キッチンでの洗い物を中断させ急いでトイレへ。
便座に座らせると、首をかしげて「でないね~(^^;」とタク。
「出ないか(^^; じゃあせっかく来たからもう少し座ってようか♪」と言うと、
タクが、「おっ??? でる・・・」と言いながら動きが一瞬ストップしたかと思ったら
ちょろちょろ・・・・ちょろ・・・ちょろ・・・(またまたリアルで失礼)と3回くらいに分けて?出ました~☆
パパもしっかり見れました。タク、何気にパパに見せたかったのかな(^^)

突然出来たかと思ったらその直後またすぐにできるなんてすごくビックリ。
しかもガマンもできたり、「でる」と言った後すぐに出せるなんて、すでに自分でコントロールできている証拠。
すごいわぁ~、親が何もしなくても子供って勝手に成長するんですね~。
こんなにラクでいいのかしら?(って違うか・・・^^;;)

c0059558_029412.jpg

[PR]

by sara_humminglife | 2006-01-31 23:49 | 育児
2006年 01月 27日

お買い物ごっこ

親子で軽く風邪引いてました(苦笑)
先週末から家にこもる日が多くて(いや、寒いから普段もだけど)、私のほうがタイクツだったのですが、タクはそうでもないらしく、それなりに最近マイブームなお世話ごっこ、おままごとなどで楽しんでました。
今日もぬいぐるみのオムツ替えをしてたかと思ったら、おもちゃの買い物カゴを持ってきて、
『ママ~、お買い物行ってくるね~。駅まで行ってくるよ~。まずは~、銀行行って、バナナ買って、牛乳買って~、行ってくるね~。ちょっと待っててね~。』
と言ったかと思ったらすぐに
『買ってきたよ~。』(早っ!)と言うので、
『何買ってきたの?』と聞くと、『みかん買ってきた』(爆)
『あれ?バナナと牛乳買いに行ったんじゃないの?』と私が聞くと、
『ちゃうちゃう(違う違う)』(←なんで関西弁?笑)
『みかん安かった?(^^)』と聞いてみたら、
『安くない~。でも甘いよ。』と一端な答え。
お買い物ごっこは私と会話もできるから楽しいみたいです。
私も結構楽しかったり♪(^^)
[PR]

by sara_humminglife | 2006-01-27 23:11 | 育児
2006年 01月 18日

『ちっち出る~!トイレ行く~!』

今日は帰りが遅くなるパパの代わりに、私がタクとお風呂に入ったのですが、
湯船から私が先に出て体を拭いている時にタクが、『ママ~、ちっち出ちゃった』と言うんです。
湯船の中でしちゃったのねと思い、『じゃあシャワーでもう一回体きれいにしようね』と、
タクを湯船から出し体にシャワーを当ててたら、今度はおまたに手を当ててモゾモゾしながら
『ちっち出る~!トイレ行く~!』と突然言い出し、お風呂場のドアを開けて出て行こうとするのです。
『えっ!?ちっち出ちゃったんじゃないの?』と私が言うと、またもや『ちっち出るの!トイレ行く!』と言うタク。
今まで出る前に教えることなんて無かったし、私がもうトイレトレは3歳の夏にしようと思ってトイレにさえ連れて行ってないので、まっさかぁ~出せるもんなら出してみぃ( ̄ー ̄)と思いながら(笑)、体がまだビショビショだったので、『ちっち出るの?じゃあ今ここにしちゃっていいよ。』と言ったら、『いいの?』と確認してから
ちっち出してましたっ(  ゚ ▽ ゚ ;)!!!ビックリー!
お風呂でちっちされちゃったけど、もうーえっらい褒めまくりましたよ~(≧∇≦)☆
ちょっとテレくさそうなタク。『また今度ちっち出る時教えてね。そうしたら今度はトイレでしようね♪』と言ったら、嬉しそうに『トイレでするっ』って言ってました。
たまたまその気になって言ったのかも知れないけど、尿意を感じてそれを私に伝えてくれたのは事実。
本人がもし今後もその気になったら、私も少しずつ頑張ってみようと思います♪
それにしてもなんで突然言い出したのかホント不思議。
でもそういえばここ何日か、『ちっち出た』とは言うことが多かった気が。。。

c0059558_04013.jpg

[PR]

by sara_humminglife | 2006-01-18 00:04 | 育児
2006年 01月 17日

お世話遊び

完全にこれにハマッてます。

『ママ~、プルートにおふとん かける』
と言うのでタオルをお布団代わりに渡すと、プルートにタオルをかけて『ねんね~』
c0059558_0194195.jpg



そうかと思ったら次は、『プーしゃん ちっち出ちゃった。 オムツとっかえる』
と言って自分でおしりふきとオムツを出してきてひと通りの動作。
c0059558_0194859.jpg



見てて微笑ましいのと同時にヘンな汗出てきちゃうんですけど・・・私(苦笑)
[PR]

by sara_humminglife | 2006-01-17 18:10 | 育児